​WinBe梅ヶ丘校がめざすもの

​        「英語を道具として勝負する人間」を育成する

2020年から、日本での英語教育は大きく変化しています。

子どもたち全員が、小学生のころから英語に触れ、英語でコミュニケーションをとることは、

特別なことではなくなりました。

◎すぐペラペラになる??

保護者さまへのお願いです。まず、英語の習得には当然のことながら長い年月が必要となります。ですから、すぐに結果を求めず長い目で、お子さまの英語の上達を見守ってあげてほしいのです。

保護者さまの多くが過去に経験されてきたように、そう簡単に「英語がペラペラ」にはなりません。過度なプレッシャーは、子どもを「英語嫌い」にしてしまうリスクを高めてしまうかもしれません。子どものうちに、英語の学習が苦痛になってしまうのは、あまりにももったいないことです。

子どもたち一人ひとりにとってベストな英語教育や学習法は異なりますが、必要な時間をかけ、適切な環境で、お子さまに合ったやり方を続ければ、英語は必ず上達します。

そう、必要な「時間をかけ」、合ったやり方を「続ければ」です。

続ければできるようになるのは当然のことですが、なかなかそれができる人はいません。

なぜでしょうか?

それは、ほとんどの人が、「試験のため」「仕事のため」というように英語を

「大変だけどやらなければいけないもの」

として勉強しているからです。そのような勉強はよほど意志が強くない限りいつか挫折しますし、必要に迫られなくなると勉強をやめてしまうでしょう。

英語は勉強しなくなればたちまち喋れなくなります。

そのようにして、「昔は英語が得意だったんだけど…」と話す大人が増えていくのです。

では、どうすれば続けられるのでしょうか?

答えは「好きになる」ことです。

英語が好きになれば試験のあるなしに関わらず学び続けます。もしかしたら学生時代の英語の成績はそこまで良くないかもしれません。それでも学び続けます。その結果「昔は英語全くダメだったけど」と言いつつペラペラ英語を話す大人になるのです。

この好きになるというプロセスを無視しては、将来なかなか英語を使えるようになりません。

なので梅ヶ丘校では特にここを大切にしています。

「これ英語でなんて言うんだろう?」

「先生たちみたいに将来英語でお話しできるようになりたい!」

そんな子供たちの英語に対する興味、憧れほど強力な学習ツールはありません。

いかがでしょうか?

私たち大人はついつい短期的で目に見える成果を子供にも求めてしまいがちですよね。

親が厳しく管理し、詰め込んで勉強させれば小学生の間に英検1級などの形でいくらでも目に見える成果が出るでしょう。

 

しかし、結果としてその期待、詰込みの勉強で早くに成果を出した子供は英語が嫌いになり、自分の行動を自分で決められる年齢になると「嫌いな英語は勉強しない」という選択をするのです。

そして、英検等の実績はただの過去の栄光となり、簡単な文すら作れなくなってしまいます。

(詰込み学習が悪いということではなく、子供の感情を無視して学習を強いることは、逆に将来英語を使えるようになる可能性が減るリスクを孕んでいるということです。)

私たちは生徒たちが英語を好きになり、梅ヶ丘校を卒業した後も自発的に英語を学び続け、「英語を道具として世界に羽ばたく大人になる」ことを目標にして英語教育を行っております。